今さらながらLINEPayにチャージして使ってみた。

さあ、LINEPayのサービスが開始してから一ヶ月半ちかく経ったわけですが、今回機会があり実際に使ってみました。

まず、ささっと登録を済ませ、チャージへ…

支払い方法は、

  1. クレジットカード
  2. 銀行口座
  3. Pay-easy(ネットバンキング)
  4. コンビニ

IMG_4505

といくつかありますが、今回はコンビニ払いについて紹介します。

私が利用したローソンの場合は、

  1. LINEのiPhone/AndroidアプリまたはLineウェブストアにて支払い代金の金額を指定をする。※①
  2. 表示された(お客様番号・確認番号)の情報をLoppiに打ち込む。
  3. レジにレシートを持って行って支払う。

IMG_4506※①

(特に、迷うことなく出来ます)

そして、レジでの支払いから約一分ほどでメールやLINEにメッセージが届きチャージ完了といった流れです。

IMG_4504IMG_4503

他の決済方法では、いちいち外出して支払う必要はないのですが、手持ちの現金を使ってチャージしたい方やクレジットカードなどを持っていない方にはコンビニ決済は確実で正確な決済方法ですね。

 

さて、LINEPayにチャージして何ができるのか。

  1. LINESTOREにてスタンプを買える。(友達にプレゼントも可能)
  2. お金のやり取りが出来る。(LINEモール内などでの、ユーザー同士)

といったのが主なところです。

二つ目の「お金のやり取りができる」という面では、多数のユーザーがいるLINEを通して相手の口座番号などの情報を知らなくてもやり取りできる。さらに、友達同士なら手数料がかからないというのがミソですね。

使わない人には使わないものですが、使う人にとってはかなり使いやすい機能です。

LINEPayを使える範囲はこれからどんどん増えていくでしょう。

 

で、最後に気になるのはセキュリティ面

登録時に七桁固定長の暗証番号を登録し、その後、起動時・大きな操作をする際(チャージ・決済以外)は逐次、暗証番号を入力させられるようになっています。(iPhoneの場合TouchIDなどを使い指紋認証も可)

IMG_4508

そもそもセキュリティに完璧はないですし、安全だと過信してはいけないので、それに了承した上で使うのがいいと思います。

 

というわけで、使う機会があれば一度は使ってみても良いサービスではないでしょうか。

 

アイキャッチソース[LINEPay]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE