Fireタブレットが3000円台で買えたので買ってみた。

一週間ほど前、Amazonのタイムセール祭りというものが開催されていたわけですが、その時なんとAmazonプライム会員限定でFireタブレットが約4000円(3980円)で買えてしまうというキャンペーンをやっていました。というわけで、特に買う予定はなかったもののあまりの安さに引かれてしまい買ってしまいました。

開封の儀〜起動

FireTablet-1
箱の外見はこんな感じ。Apple製品の様な箱からセンスがあふれだす感じではないものの、とても安物とは思えない外見です。
FireTablet-2
中には、本体、充電ケーブル、給電器、説明書が同封されていました。
FireTablet-3
早速起動。Amazonのロゴが映しだされます。
FireTablet-4
そして、言語選択。英語にしようか迷いましたがここは日本語で。
FireTablet-5
FireTablet-6
Wifiの設定後、ホーム画面とともに、最初の操作説明が始まります。もし必要なければ「終了」を押せば完了です。
FireTablet-7
FireTablet-12
そして、操作可能に。もちろん横画面も対応しています。
FireTablet-9
AmazonのタブレットということでAmazonミュージック、

FireTablet-11
プライムフォト、
FireTablet-10
プライムビデオのアプリがプリインストールされています。

仕様

この約4000円で買えるタブレットは、
クアッドコアCPU(1.3GHz),解像度1024×600、171ppiの7インチIPSディスプレイを搭載。
またフロントカメラ・リアカメラ、
スピーカー✕1・マイク・イヤホン端子
マイクロSDスロット、
しっかりアクセロメータ、ジャイロスコープといったセンサー
がつ搭載されています。

詳しくはこちらのAmazon商品ページを見てみてください。
Amazon -> FireTablet

使用した感想

プライムビデオにで動画を再生してみたところ、背面にスピーカーがあるため置き方によって音が聞こえなかったりしました。
画質は、悪すぎず、良くもなくと言った感じで何かちょっとした動画を見る分には申し分ありませんでした。
ただ、何か書籍を読みたい時、
FireTablet-8
このように大きい文字であれば全く問題なく読むことができるのですが、小さい文字や小さめの画像を表示させようとすると見難くなります。
ですが、4000円と割りきって使うのであれば十分だと思います。

メインのタブレットとして使っていくのには不満が出そうですが、サブのタブレットや動画専用タブレットなどとすれば、4000円という価格で買えるタブレットとしてはハイパフォーマンスを発揮してくれます。
現在は、約5000円程(Amazonプライム限定)なのですが、また、3000円台でき購入できるときが来ましたらお知らせしたいとおもいます!

Amazonの商品ページはこちら。
Amazon -> FireTablet

では!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE