Raspberry pi zero Wで無線LANの設定をする

RaspberryPi zero Wをようやく入手して設定に多少手こずったため、備忘録として書いておきます。

設定

具体的には2つのファイルを編集する必要があります。
この中ではnanoを使って編集していますが、慣れているエディタを使ってもらって問題ないです。

interface

sudo nano /etc/network/interfaces
auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

wpa_supplicant.conf

sudo sh -c "wpa_passphrase <SSID> <無線のパスワード> >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

ここで、接続に使用する暗号方式について追記します。

sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

おおよその無線LAN親機はWPA2に対応していると思うので、今回はセキュリティ上一番安全性が高い”WPA2-AES”を採用します。

#日本ならJP
country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
        ssid="SSID"
        psk=パスワード
        #これより変更部
        proto=RSN
        key_mgmt=WPA-PSK
        pairwise=CCMP
        group=CCMP
}

もし、AES未対応の場合は対応している方式のものを使ってください。

#WPA2-TKIPの場合はpairwiseとgroupの部分を変更してください。
pairwise=TKIP
group=TKIP
#WPA2未対応の場合はprotoを変更してください、他の部分はWPA2と同様になります。
proto=WPA

確認

ここまでできたら、ミスがないかの確認です。

sudo ifdown wlan0
sudo ifup wlan0
ifconfig wlan0
iwconfig wlan0

これらのコマンドを実行してみて、接続とIPアドレスの割り振りの確認が取れましたら、

sudo reboot

で終了です。
お疲れ様でした。

コメントを残す