「おみせde受け取り」は使える?

      2017/09/02

先日、Thunderbolt to Ethernetアダプタをヤマダモールで買ったわけですが、その際「おみせde受け取り」という受け取り方法を利用しました。

そもそも「おみせde受け取り」とは?

WEB上のヤマダモールで商品を購入し、自分で近くのヤマダ電機に商品を取りに行くというシステムです。

今回使ってみて、ある条件に当てはまる人であれば、利用すべきだなと思いました。

  1. ヤマダ電機が家の周辺にある。または、通勤通学の途中にあるような人
  2. ヤマダモールが一番安い。または、妥協できる程度の差額で欲しい物が売っている。

この二つです。(私の場合、どちらとも条件にジャストミートしたわけなのですが、どちらか片方でも一致しない人は、考え直した方がいいかも。)

受け取りにかかる時間は?

商品を受け取ることが出来るまでの時間は、注文した商品によってまちまちのようです。

私の場合、店頭に商品がなかったようで、お取り寄せでの対応だったため、連絡が来るまで約5日間ほどかかりました。店頭にある場合、翌日には「商品準備が出来ましたので、いつでも取りに来てください。」と言ったような電話がかかってくると思います。(あとは、その時の運かな)

その後、指定したヤマダ電機へと行き、会計カウンターにて、商品を取りに来たという趣旨を伝え、注文時の名前を言うだけで受け取ることができます(この間約3分程でした)

決済方法は何がある?

主に、クレジットカード決済と代金引換の二つの決済方法があります。

おみせde受け取りを利用しようとしている方は、クレジットカード決済を利用したほうが、動きが少ないため受け取りがスムーズな訳ですが、どっちにしろレジを通すので、時間的にはさほど変わらないような気がしました。 (それに、どっちにしろ同じ額のポイントが付きますからね。)

終わりに

全体的に見て、いいシステムだと思います。「おみせde受け取り」ならではの送料がかからないってのもメリットですね。

あえて言うとすると、購入時に「商品を準備できるまでの時間」を表示してくれるサービスがあると、いいな。(これがないと、どのくらい掛かるのかが分からない!)

あと、店舗からの連絡時に電話だけでなく、メールがあるといいな。

実はこのサービスは「ヨドバシカメラ」「ビックカメラ」なんかでもやってるんですよね。

私の地域にはどちらもないので、使える状態ではないのですがね(泣)

というわけでづらづらと書きましたが、条件が合えばこのサービスを利用して、購入するのは”あり!”ですね。購入の際には検討してみてください。

では!

前回の記事もついでにどうぞ!

MacBookAirをメディアサーバにする!

 - サービス