1本で5つのタイプになるケーブル

最近のデバイス界ではtypeCへの移行期間ということで、まだまだlightning,microUSBといろいろなタイプのケーブルが混在しています。
またそれぞれのタイプ用のケーブルを持ち運ぶのは案外かさばってしまって面倒くさいです。

今回は、現在Kickstarterで出資を募っている1本のケーブルで5タイプのケーブルに変形できてしまうケーブルを紹介します。

できること

デフォルトのケーブルはUSB-A to Micro-USBとなっていてそこにLightningとtypeCの変換器がついているという製品となっています。
全通りを羅列するとこの6タイプのケーブルになります。

入力タイプ出力タイプ
USB-AmicroUSB
USB-AtypeC
USB-Alightning
typeCmicroUSB
typeCtypeC
typeClightning

もちろん、充電とデータ転送が可能なので普通のケーブルとして使用することができます。

充電は5V/2.4Aまでの出力となっていて、FastChargingにも対応しているようです。
データ転送は、480mb/sということでいわゆるUSB2.0の転送スピードだと思います。

耐久性

ケーブル自体は軍事レベルのナイロン素材でできていて、コネクタ部分は強化アルミニウムでできているようです。
かなり丈夫になっているようで、例えば鉄アレイにケーブルをくくりつけて上から落とすような写真が公開されています。

値段

さて気になる値段ですが、

タイプ値段
SuperEarlyBird(ケーブル1本)約1600円
EarlyBird(ケーブル1本)約2100円
EarlyBird(ケーブル2本)約3800円
EarlyBird(ケーブル3本)約5900円
EarlyBird(ケーブル5本)約9300円
EarlyBird(ケーブル10本)約18500円
RetailPack(ケーブル100本)約133500円

となっています。
販売価格は39ドルになるそうなので、EarlyBirdでもかなりお手頃な値段になっています。

発送

このプロジェクトはまだ始まったばかりで、ゴールしていないのですが、2019年6月3日までにゴールすれば、7月頃には発送となるようです。

ただ、Kickstarterに記載しているタイムラインは予測でしかなく、殆どの場合で遅れが発生するので、半年ほどの発送時期の延期は見ておいたほうが懸命です。
気長に待ちましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

SHARE