CocoaPods導入・使い方まとめ

ほぼ1度インストールすれば当分インストールする機会がないので備忘録的に書きます。

CocoaPodsのインストール

CocoaPodsのインストールにはRuby(どちらかというとgem)が必要ですが、MacにはデフォルトでRubyが搭載されているのでそちらを使います。

Rubyアップデート
sudo gem update --system
CocoaPodsのインストール
sudo gem install -n /usr/local/bin cocoapods

以上でのコマンドで導入できるかと思います。

使い方

  • STEP.1
    ディレクトリに入る
    基本的にXcodeのプロジェクトファイル(.xcodeproj)がおいてあるディレクトリに移動します。
  • STEP.2
    初期化
    CocoaPodsの初期化が必要になります。このときにPodfileというインストールしたいライブラリを記述するファイルが生成されます。
    CocoaPodsの初期化
    Pod init
  • STEP.3
    Podfile編集
    初期化で生成されたPodfileにライブラリ名等を記述していきます。

    ??部分に製作中のアプリの対象バージョン(10とか11とか)を入力します。

    プラットフォームの設定
    # platform :ios, '??' 

    一番下のendの前側に使用したいライブラリを記述していきます。

    ライブラリの記述
    pod 'ライブラリ名'
    インストールしたいバージョンが決まってる場合
    pod 'ライブラリ名','バージョン番号'
  • STEP.4
    ライブラリのインストール
    ターミナル上でディレクトリに移動。
    インストール
    pod install
    このコマンドでインストール完了です。
    この時点でエラーを履かなければ、現在のディレクトリ上に「プロジェクト名.xcworkspace」というファイルができると思います。
  • STEP.5
    完了
    「プロジェクト名.xcworkspace」を起動すると自動的にプロジェクトにライブラリがインポートされたxcode画面が起動するはずです。 

以上がCocoaPodsのインストールからCocoaPodsを使ったライブラリのインストール手順になります。

コメントを残す