Macでエディタに迷ったなら!

      2017/04/20

さて、Botti Advent Calendarの二日目となりました。
Macを使っていてプログラミングやテキストを製作するにあたって個人的に便利なエディタを紹介します。

オススメは…「Atom」

atom-1何と言っても開発者にとっても使いやすい設計でデフォルトで複数の言語を対象としたシンタックスハイライト機能やファイル操作(サイドスペースでファイルを展開表示してくれる)などが搭載されています。
これによって、簡単にファイルの移動や削除などが簡単にできます。また、プログラムを複数タブとして展開しておくこともでき効率よく開発可能です。
atom-4

パッケージが便利すぎる

つまりは拡張機能の追加なのですが、Atomユーザーが様々なパッケージを製作してくれていて、結構充実しています。
私がよく使っているパッケージで紹介すると。
例えば「Script」というパッケージではこのAtom上で様々な言語を走らせる(実行する)ことができます。
他にも「Atom Beautify」ではプログラムを自動整形してくれるパッケージもあります。
atom-2

Themesによって自分の好きなようにシンタックスハイライトを変更できる

パッケージのように追加して、設定できるので簡単に自分にあったものに変更できます。
atom-3

まとめ

エディタというのはプログラムを書かない人であれば、標準搭載のテキストエディタで全然問題ないと思うのですが、プログラミングをする人にとってはかなり重要な問題です。
自分の使いやすいようにカスタマイズできるエディタを導入して作業を効率化していきましょう!

Atom公式サイト

Botti Advent Calendarの一覧はこちら!
スケジュールやこの企画の目的などはこちら!

 - Advent Calendar, Mac, アプリ, アプリ開発, 日々の記事 ,