Amazon Dashを使ってみた

   

Botti Advent Calendarの5日目となりました。
今回は最近日本に上陸したAmazonDashを実際に買って使ってみたので紹介したいと思います。

Amazon Dashとは?

AmazonDashとは簡単に言うとボタンを押すだけで自動的に購入手続きがされ、家に商品が届くという仕組みです。
ここで言うボタンとは、AmazonDashButtonと呼ばれるWifiにつながるボタンのことでAmazonで購入可能になっています。
またこのボタンにはそのボタンで買うことのできる商品のブランドが印刷されています。
ちなみにこのとき500円かかるのですが、このDashButtonを通じての初回購入で合計額から500円引かれるので実質無料となります。

Amazon Dash Button

外見



セットアップ

いつの間に増えていたんだ?と思いながら・・・

AmazonDashButtonを6秒間長押ししてセットアップ準備に入る


WiFI接続のためのセットアップ

WiFI接続の完了後、ボタンを押した時に購入する商品の選択(ボタンに印刷してあるブランドのみ)

以上でセットアップは完了です

実際に使ってみる


ボタンを押してから5~6秒ほどでiPhone側のアプリを通して購入通知が届きます。
ボタンを押してからパスワードも入力する必要がなく、そのためiPhoneに触れずに購入することができます。
ここで気になるのは、何度も押したらどうなるのか?

結果としては設定を変更しない限りは、一度押した時に確定された商品が届くまで購入手続きがされません。ですが設定を変更すれば重複購入することも可能になります。
間違えて押してしまう可能性もあるので、重複購入を許可する設定にしないことがベストだと思います。

まとめ

「日常生活において何かを切らしてしまって使いたい時にない!」といったことを無くしてしまえるような画期的なシステムです。
重複購入の防止などの謝って押してしまった場合も十分対処されていて余計な心配をすることもないです。
しかし!、「Dash Buttonはプライム会員のみご購入いただけます。」(Amazon公式ページより)
ですよね。って感じなんですがプライム会員のみ対応なので一般会員では購入することができないみたいです。

というわけで、今回はAmazonDashについてご紹介しまし・・・いやまて。
そもそもこれだけの仕組みを利用するだけだったらわざわざ買わないですよ。いや興味本位で買うかも知れない。
そうです、どうやら改造できるらしいのです。
というわけで続きは(多分)明日。

Botti Advent Calendarの一覧はこちら!
スケジュールやこの企画の目的などはこちら!

 - Advent Calendar, Amazon, IoT, アプリ, 商品紹介, 日々の記事 ,